手をあらおう。手をつなごう。 10/15世界手洗いの日
世界手洗いダンス

NEWS!

2014 10 15 10月15日「世界手洗いの日」たのしい正しい手洗いを学ぶイベントを開催

NEWS! バックナンバー
世界手洗いの日ってなあに?

国際衛生年であった2008年に、ユニセフをはじめ、水と衛生問題に取り組む国際機関や大学、企業など13の組織から成る「せっけんを使った手洗いのための官民のパートナーシップ」は、せっけんを使った正しい手洗いを広めるため、10月15日を「世界手洗いの日(Global HandwashingDay)」と定めました。

©UNICEF/INDA2009-00580/Sampson

正しい手洗いとは?

どうして手を洗わなくちゃいけないの?

私たちの生活には、目に見えないバイキンがたくさんいます。バイキンは、自分で動くことはできないので、手やせき、くしゃみなどにまざって、移動します。

バイキンがする悪さ

知らないうちに手に移動してきたバイキンは、口や鼻、目などから体の中に入って、さまざまな悪さをしようとします。バイキンの病気を起こそうとする力が、体の中にある体を守ろうとする力より強くなると、風邪を引いたり、おなかが痛くなったりと具合が悪くなるのです。

こんなときは手を洗おう

洗うのはここ!

手洗いで大切なのは、バイキンや汚れをしっかり落とすこと。
せっけんを使い、バイキンや汚れがついた泡を水で洗い流し、きれいなタオルでふこう。みぞやくぼみがあるところ、物にふれるところは、汚れやすいから、気をつけよう。

手洗いをしてみよう

よく泡立てたせっけんで、「手のひら」「つめ」「親指のまわり」「手のこう」「指の間」「手首」の6カ所を洗い、清潔なハンカチやタオルで拭くのが正しい手洗いです。時間のめやすは、20秒です。

そんな「正しい手洗い」を楽しいリズムにのって覚えられるのが「世界手洗いダンス」。
不思議な歌詞と一緒に、正しい手洗いに必要な6カ所があっという間に自然と身につきます!

世界手洗いダンス

ダンス振り付け/主演:森山開次
監修:昭和大学大学院教授 医学博士 小口江美子

ユニセフと手洗い

世界では、年間630万人もの子どもたちが、5歳の誕生日を迎えることなく、命を落としています。
せっけんを使って正しく手を洗えれば、子どもたちの命を奪う2つの病気―下痢性疾患や肺炎―を予防し、100万人もの子どもたちの命を守れるといわれています。
防げる病気から子どもたちの命と健康を守るため、ユニセフは、せっけんを使った正しい手洗いを広める活動を行っています。

©UNICEF/UGDA201300078/Nakibuuka

資料の申し込み・ダウンロードはPCサイトをご利用ください

PCサイトはこちらから

「世界手洗いの日」プロジェクトは、(公財)日本ユニセフ協会が主催し、ボランタリーパートナー企業とクリエーティブサポートのみなさまのご協力によって、 運営されています。

このページの先頭へ